糖尿病の症状とは?

糖尿病の症状とは?

最近TVなどでもよく取り上げられている糖尿病についてご存知ですか?この糖尿病という病気ですが、名前は知っていても実際にどのような事前症状や病気にかかると、日常生活でどのようなことに気をつけなければいけないか。

などご存じない方が多いのではないでしょうか?今回、糖尿病について調べる機会があったので少し紹介してみたいと思います。

まずこの病気は、どのようなかかり方をするのか、感染したり遺伝したりするのか?そもそも糖尿病とはどんな病気なのか?ということですが、体を動かすエネルギーの源であるブドウ糖というものがあり、インスリンというホルモンで体中に送ることによって、体を動かすことができるんですが、糖尿病とはこのインスリンがうまく作れなかったり、インスリンの生産量が少なくなったりして、血中に糖であるエネルギー源が体にうまく運べず、体がだるくなったり、手足がしびれてきたりするのです。

これが実は初期症状なので、心当たりのある方は気をつけたほうがいいかもしれません。

また、合併症がとても誘発されやすい病気なのでしっかりとした知識を持って予防しなければいけない、とても危険な病気といえるでしょう。

私も気をつけなきゃ・・。

糖尿病の症状は体調に現れるの?

糖尿病ってよく危険な病気としてTVなどで取り上げられますが、実際かかったときにはどのような症状が現れるのか、わからない。

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?かくいう私もその一人で、実際体調にどのような変化が現れると危険信号なのかを知っておくと、早めに治療することができ、合併症などにもかかることなく体調管理をすることができるのです。

では、実際にどのような症状があるのかをご紹介していきたいと思います。

まず、代表的な例が、喉の渇きが激しかったり、尿量・回数が多かったり、甘い匂いがしたりするらしいです。

また、全身がだるくなったり、手足の痺れや立ちくらみは要注意らしいです。

糖尿病の症状の徹底ガイド

また、糖尿病の合併症が発生している可能性がある症状として目がかすんだり、心臓などの内部器官が痛くなったり、などの症状が現れると合併症の危険性があります。

この症状のみを見ると、「日常生活や他の病気でもありそうじゃね?」と思われるかもしれませんが、生活習慣で太っていたり、お酒をよく飲んだり、

運動不足などがあったりと生活習慣にも目を向けて気にすると、当てはまることが多くなり、どちらも該当していると、糖尿病でなかったとしても他の病気にかかっている可能性があるので、病院で検査してもらうほうが良いみたいです。